05' «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogmura.com
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET □秘信の際はチェックBOXをONに…□ 
OK? 
07'10(Tue) 水の羽衣

「 降る雨・・・故に日の中なのに微明の住家 」

何故だ? 意味も無く悲しい
いつもなら 気に留めるまでない筈の事・・・
当の日は拘泥してしまう
胸倉辺りが締め付けられ 息苦しく感じる

いつかの日のことも 思い出しては切なくなるし
爾余の日のことも 気になって仕方が無い
剰え 遠い日々にまで支配される始末・・・

雨の音に 耳を傾げ
雨の先を 翫味し
雨の色に 目を見張る
さてさて、 項垂れる私に何を恵んでくれると言うのだ?

軒下から垂る雫が私に跳る

ため息はつかない様にしよう

「 降る雨・・・故に濡れている私でも気付く事勿れ 」





スポンサーサイト
blogmura.com
comment:0  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET □秘信の際はチェックBOXをONに…□ 
OK? 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。