04' «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogmura.com
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET □秘信の際はチェックBOXをONに…□ 
OK? 
11'10(Thu) あの日への誘い。


静かな夜。
小さな光だけが見える この部屋。

眠気に襲わた私は、そのまま目を閉じた。



・・・・・・・
怖いもの?
威圧感?
見えない何か…


閉じた目を再度開き暗い部屋を見回す。

・・・・・・・

暗い中の小さな光。
それを見つめたまま時が経った。

どれほどの時間が流れたのかな…

眠れなくなった私は、
温かい飲み物をと、冷えた床を素足で歩く。
せっかく暖まった足もまた冷えてしまった。

温かなカップを手の平で包み ゆっくり歩く。
そして いつものソファーに座ってカップを口に運ぶ。
少し熱すぎたかな…と 冷えた唇は思った。
でも 喉を通り過ぎ 身体の中に落ちていく時には
心地よい温度を感じる。


安らぐ気持ち。
薄れ行く恐怖。



もう少しこのまま…
そして ベッドに戻ろう

今度は 夢まで辿り着けるといいな…


スポンサーサイト
blogmura.com
comment:0  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET □秘信の際はチェックBOXをONに…□ 
OK? 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。